情報商材のトラブルを回避する3つのコツ

情報商材のトラブルは、決して遠くの誰かの出来事ではなく、身近に起きる確率が非常に高いものです。

特に友人や知人を介した勧誘による手口は、人間関係を利用する悪質なものと言えるでしょう。
しかも被害者=加害者にもなり得るため、非常に厄介です。

ここでは、情報商材のトラブルを回避する3つのコツを紹介していきます。

こちらのサイトにも情報商材 詐欺に関する情報がわかりやすくまとまっていました。

コツ①情報商材に近づかない

最も難易度が低く、抜群の効果を発揮するのは、情報商材に近づかないことです。

広告を見かけたとしても、タップやクリックをすることなく、そのままスルーするのが最善手と言えるでしょう。
「君子危うきに近寄らず」が鉄則です。

仮に情報商材のサイトにアクセスしてしまったとしても、メールフォームなどで連絡をしなければ問題ありません。

コツ②情報商材をクレジットカードで購入しない

情報商材の中には、高額なものもあるため、クレジットカードで購入するケースもあり得ます。

そもそも、クレジットカードは一括払い(1回払い)が基本です。分割払いやリボルビング払いは、年15%から年18%の金利手数料が発生します。

果たしてクレジットカードで購入する価値のあるものなのか?と、一旦クールダウンすることが大切です。

コツ③契約をその場で断る

情報商材の購入を勧誘された場合、契約をその場で断る方法もあります。

ただし、この方法は難易度が高く、相手から妨害されることも考えられるでしょう。間違っても、相手を「言いくるめよう」とは思わないでください。

契約を断る場合には、できれば対面ではなく、メールなどの文書で残すようにしましょう。返金交渉の際に役立つ可能性もあります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする